【ウツを克服した経験について①】


【ウツを克服した経験について①】

 

ICPS国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

「うつ」で苦しむすべての方々へ

幸せになることを諦めないでくださいね。

今日から一生懸命に書きますので、どうか全部読んでくださいね。

このブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

 

私は過去にうつ病他精神疾患だと診断されていて

毎日「生きること」と「死ぬこと」の間を

行ったり来たりして、

12年間、精神薬を服用していた経験があります。

 

そのうつ病を

5年前に完全に治しました。

 

私の「コーチング」の原点は

自分のうつ病の克服経験にあります。

 

私をうつ病から救ったのは、

「経絡タッピングセラピー」と

「コーチング」です。

 

特に精神薬を止める時に、

厳しい禁断症状を克服することができたのは、

「コーチング」で明確な未来を描き、継続的に未来を信頼できていたからです。

 

闘病中は、うつ病の他にも「パーソナル障害」や「発達障害」を疑われた時もありました。

様々な療法やお薬やサプリメントを試し、右往左往しました。

 

この経験を生かしたいと思い

「コーチング」や様々なセラピーを学びました。

 

うつ病を克服したい方と

うつ病を看病している方々へ

届けたい「コーチングプログラム」があります。

 

高田悦子が

独自の経験を通じて知り得た

独特の「コーチングプログラム」です。

 

これらのことをブログに書くかどうかについて

ずいぶん迷いました。

 

私のうつ病の闘病は、かなり厳しいものがあり、

ブログに書くことで、家族を傷つけるかもしれないと思っていたからです。

 

ですが、

それ以上に、

悲しい出来事を見聞きするたびに

急いでこの「コーチングプログラム」を広める必要があると感じ決意しました。

 

このコーチングプログラムは

単に夢を叶えるためにだけあるわけではありません。

「心に深い傷があって、立ち上がることもできない方」にも効果があります。

 

うつ病を看病されている家族の方々に身につけていただきたい

「考え方とテクニック」があります。

 

その「コーチング」について

このブログにできる限り詳しく書いていきたいと思います。

 

その前に

一番、言いたいことを先に書きます。

もし、

今、あなたや、あなたの大切な人が

精神薬を服用されているとしたら、

その薬が

どんなに緩やかで優しく、

法的にも一般的にも認められている薬だったとしても、

その薬の

「化学式」を調べてみてください。

その薬は自然界にあるものではなくて

人工的に作り出された「薬物」だということを

しっかり認識してください。

 

ちなみに私が長年継続的に服用していたのは

デパス(エチゾラム)という一般的な精神薬でした。

メデポリン・パキシルを服用していた時期もありました。

 

この薬が私の人生をどれほど狂わせたか、

禁断症状がどんなものか、

そして

ウツをどう克服し、断薬したかについて、

これから詳しく書いていきたいと思います。

 

 

このブログを読んでくださる方々が、

より幸せに、
心のそこから人生を楽しみ謳歌されて、

うつ病であったこそさえ感謝できるほどの愛と自由に包まれた人生を過ごされますように、

心からお祈り申し上げます。

 

 

 

大阪に新生コーチングスクール誕生!!

『コーチングコンサルタント資格認定講習会』説明会実施中!!

 

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です