【脊椎圧迫骨折とゴキブリのプレゼント】


【脊椎圧迫骨折とゴキブリのプレゼント】

 

ICPS一般社団法人国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

2017年12月30日、明日は大晦日です。

 

先日12月初旬、

背中のあたりが痛くて眠れず、

夜中になると益々痛みがひどくなって、

 

ビクッと動くだけで

「息が止まるほど」痛くなりました。

なんとか、

痛みを呼吸法で散らそうと努めましたが、

 

何しろ、

呼吸ができないほどの痛みで、

とうとう徹夜で夜を明かし、

 

翌日総合病院で検査すると

「肺のあたりの脊椎を圧迫骨折」していました。

 

骨密度や内臓は健康で、

骨だけ骨折しているとのこと、

 

過労!ですね〜笑

全治3ヶ月「安静にする」しか

治療方法はないそうでした。

 

詰まっている“セミナー”“の

スケジュールをどうしようかと困っていましたら、

 

家に、

 

突然の訪問者が玄関から

正々堂々とやってきてくれました!!

ナント!
玄関から堂々とやってきたのは、

 

ゴ!キ!ブ!リ!

 

この寒いのに、一体
!なんで?!

このタイムングに!
!なんで?!

『!なんで?!』
という言葉が頭の中を激しく駆け巡りましたが、

私は動けない!!

背中を少しでも動かすと、

息もできないほどの痛みが走るのです。

 

とっさに、

 

「ヨシ!ゴキブリちゃん、

あなたを写真に収めてあげる!」

持っていた携帯で、

ゴキブリを撮影しました。
(ゴキブリの写真は今も保存しています!見たい方はご一報を!笑)

 

『まー、いつか何かのネタに使わせてもらうし、まーいいか。』

と気を取り直して、

ベッドにそうっと横になっていると、

 

ナント、

 

先ほどのゴキブリが、

私の敷布団の下に入って行ったのです!

 

(ゴキブリは大の苦手です。同居は不可能です。)

 

私は動けない!!

あっけにとられても、

 

なすすべもなく、

 

ゴキブリの居る敷布団の上で、

おかしい!と心の中で叫びました。

毎日綺麗な心で生きようと努めているのに、

の罰が当たったんだろう?

 

“泣きっ面に蜂!”

“弱り目にたたり目!”

 

ネガティブな言葉が浮かびます。

 

なんで?!の答えは見つからないまま、

 

 

しばらくして、

 

セルフトーキングを繰り返しました。

 

〜私は幸せです。

 

〜感謝します。

 

〜ありがとうございます。

 

〜許します。

 

それから、

 

口角を上げて、笑顔を作ってみました。

 

少し落ち着いたので、

自分に質問をしました。(セルフコーチング)

 

〜この出来事を感謝にするには?〜

 

〜骨折が良かったことだとすれば?〜

〜これをチャンスに変えるには?〜

 

〜このゴキブリが神のプレゼントだとすれば?〜

 

そして、

 

出た答えは、

『このマンションをリフォームする』でした。

 

リフォーム(リノベーション)して、

ここで仕事できるようにしよう!

 

たとえ身障者になっても、

使命を全うするぞ!!!

 

と言っても、

 

リフォーム(リノベーション)する資金はない。。

 

 

勇気を出して、

 

長年、疎遠にしていたある人物に電話しました。

 

 

そして、

(話は割愛させていただきますが、)

リフォーム会社の担当の方が、

今日見積もりに来られます。

そうです!

夢だったこのマンションの

リノベーションができることになったのです!

 

疎遠だったある人物に感謝感激です!

脊椎圧迫骨折とゴキブリのダブルパンチも

 

プレゼントでした!

 

 

 

皆様にも素敵なプレゼントが届きますように!!!

来年も良いお年をおむかえくださいますように心からお祈り申し上げます!

icps ICPS国際コーチング振興協会 公式ホームページ

無料講座を受ける方は
今すぐこちらをクリック

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です