【重い暗いお話が大好物!】


【重い暗いお話を聴くほど、私が元気になるワケ!】

 

ICPS国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

良くあるご質問に、

『クラーイお話を聴くと、

自分が落ち込んでしまうのでは?』が

多くあります。

 

いえいえ!

とんでもない!

「暗いお話は大好物ですから!(笑)」

 

と答えるのですが、

いつもケゲンそうな顔をされるので、

 

「重くて暗いお話ほど、私が元気になるワケ」を

詳しく書いてみますね。

 

 

一つは、

クライアント様(お客様)が

重くて暗い話をしてくださるときは、

 

「ラポール(信頼関係)」が

築けた証拠だと感じるからです。

 

「重くて暗い話」は、

気を許せない相手にはあんまり話しませんよね。

 

この人は、

「自分の弱点」を話しても攻撃しないという

信頼のもとにお話くださるので、

 

私たちコーチ側は、

ラポールが築けたと嬉しくなります。

 

もう一つの理由は、

 

「コーチ(セラピスト)としての自信」です。

 

どんなに重くて暗くてネガティブなお話でも、

 

そのセッション後すぐに、

 

クライアント様が必ず、

そこを手放して一歩を踏み出すことが、

 

わかっているからです。

 

 

そして、

 

その落ち込みが深ければ深いほど、

 

上る度合いが大きくて、

 

心の底から

スッキリされることを知っているからです。

 

 

そのスッキリされた時の

笑顔が最高!!!なのです!

 

みなさん、

深い悩みをスッキリ解消された時、

 

心の底から嬉しそうな、

満面の笑みを浮かべます。

 

 

その笑顔を見ると、

 

なんとも言葉にならない、

サイコーの感覚を得ます。

 

 

なので、

 

「暗くて重い話になってくると〜〜♪」

 

私は、ふんふんと、

内心喜んでいる自分がいるのです。

 

 

重くて暗いお話は、

セラピスト冥利に尽きます!

 

すべてのセラピストさんが、

元気に明るく活躍されることを、

お祈りしています。

 

icps ICPS国際コーチング振興協会 公式ホームページ

無料講座を受ける方は
今すぐこちらをクリック

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

最新記事 by 高田悦子 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です