【共感でそんなに変わる!?】


こんにちは。

今日も朝から勇気を配ってきましたRYUです。

あなたが思う「共感する」って具体的にどういった態度でしょうか?

相手と信頼関係を築いていくときに、

よく「共感することが大事だ」とかってよく耳にしますが、

ほとんどの方ができていないように感じます。

例えば想像してください。

彼女でも彼氏でも、

「ねぇねぇ、聞いて聞いて」って言ったときに、

話してきた本人の方向に向きを変えないまま、

「うんうん、へぇ〜、そうなんだ」って

言ってみたらどうですか?

相手はどんなふうに感じるでしょうか?

おそらく、「ちゃんと、話を聞いてくれている」とはならないはずです。

では、もう一度想像してみてください。

「ねぇねぇ、聞いて聞いて」って彼女が言ったときに

「えっ、どうしたの?うんうん、へぇ〜、そうなんだ」って

彼女の声を聞いてパッと彼女の方を振りまいて、

体を彼女の方向に向けて聞くと彼女は何て思うか…?

「あっ、私のこんな話でもちゃんと聞いてくれてる」

しかも、彼氏がすごくオーバーリアクションで聞き耳をたてるようにして、

少し彼女の方へ耳を傾けながら聞いていたらどうでしょうか。

おそらく、彼女はすごく話をしていて安心だし、聞いてくれている感じがとても伝わって嬉しかったり、気持ち良く話せたってなるはずです。

こんなふうに、

人は、言葉ではしっかり聞いている返事をしていてもちゃんと聞いてくれているとは思えないです。

しかし、体を使って聞くという姿勢や態度を示すだけで相手はよく聞いてくれていると感じるわけです。

ここで大事なのは、

「言葉はそれほど相手に影響を与えない」ということです。

それよりも、

あなたの聞く姿勢や態度で聞いてくれていると判断するわけです。

これは、メラビアンの法則を例にとるとよくわかります。

【メラビアンの法則】
◦視覚→55%
◦聴覚→38%
◦言語→7%
※人が相手に対する印象の受けとめ方

このことからもわかるように非言語的な要素を僕らはとても大事にしているのです。

あなたも今日から少し意識してみるだけで、

あなたは共感してくれる人だと思われるようになり

さらに信頼度がグッとあがるはずです。

ぜひ、トライしてみてください^ ^

RYUでした。

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

大阪に新生コーチングスクール誕生!!

『コーチングコンサルタント資格認定講習会』説明会実施中!!

 

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です