【不安・心配・恐怖心】


【不安・心配・恐怖心】

ICPS一般社団法人国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

「恐怖」と言うと

強い言葉ですが、

 

「心配」

「不安感」も

「恐怖」を

小さくした感情で

同じグループです。

 

「恐怖」という感情が、

問題の根幹になっていることが

とても多いです。

 

もちろん

「恐怖心」が

全て

問題なのではなくて

必要な「恐怖心」があります。

 

その「恐怖心」を

持っていることの

「目的」があります。

 

その目的が

本当に

現在のご自身にとって

必要な目的かどうかを

 

深く見つめて

必要でなければ

「恐怖」を手放すことをお勧めします。

 

「恐怖心」が

必要だと

脳が勘違いしていることが

多くあります。

 

その目的を

コーチングでは

注意深く見つめていきます。

 

 

「恐怖」を手放した時、

物事は好転していきます。

 

長い年月、

「うつ病」をしていましたので、

「恐怖」がどれほどの悪さをするのか、

よくわかっています。

 

「恐怖」が、

「怒り」を生みますし、

「憂鬱」を生みます。

 

「怒り」を他人にぶつける人がいると、

とても迷惑しますね。

 

同じように、

「憂鬱」な気分を、

他人にアピールする人も、

周囲を暗い気分にさせて、

周囲からエネルギーを奪っています。

 

 

この小さな

「心配」や「不安」を

上手に解消することができたら、

物事を早く

良い状況に転換することができます。

 

小さな

「不安」や「心配」を

自分で

解消する方法を持っていることが

「幸せ」への近道だと思います。

 

 

「恐怖心」は

「幸せ」とは

反対側にあることを

知っていることが重要です。

 

少しでも

「恐怖」に近づいたら、

 

まず、

自分を

「安心」させてあげることをしてみてくださいね。

 

自分をほめてあげて、

自分は

頑張っていると認めてあげてください。

 

そんな時こそ、

「自分を愛する練習」だと思って、

 

自分のご機嫌をとってあげてください。

なんでもいいので。。

 

なるべく、一人で。

◎好きな音楽を聞く。

◎好きな食べ物を食べる。

◎好きなアロマをたく。

◎行きたい旅行先を調べる。

◎お気に入りの服を着る。

◎好きな場所に行ってみる。

◎お気に入りの美容院に行く。

◎自然を眺める。(空や植物でもいい。)

◎楽しそうなことを探してネットを見る。

 

こんな方法もあります。

◎自分の頑張っているところを書き出す。

◎自分ができることを書き出す。

◎今までで、良かったことだけを書き出す。

◎とにかく自由に絵を描く。

 

そうして

自分自身が安心するように、

自分を愛してあげます。

 

「自分で自分を愛して

尊敬する気持ち」から、

 

全ての幸せが生まれてきます。

 

もし

強い恐怖心に

長年、悩まされていらっしゃったら

お近くの

「コーチングコンサルタント」に

ご相談ください。

 

あなたが

早く

安らかな気持ちで

幸せを感じることができますように

 

心からお祈り申し上げます。

 

 

icps ICPS国際コーチング振興協会 公式ホームページ

無料講座を受ける方は
今すぐこちらをクリック

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

最新記事 by 高田悦子 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です