【ビジネスパートナーの見つけ方】


【ビジネスパートナーの見つけ方】

国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

「起業を志す方々」のご相談を受けていますと、

「ビジネスパートナー」について、

よく質問を受けます。

 

「この人と組めば、大きく発展しそうなんですが。。。」

「お互いの強みで相乗効果を期待できそうなのですが。。。」

「友人と組みたいのですが。。。」

「相手の能力を生かしたいのですが。。。」

「家族だから安心できるので、家族と一緒に仕事したいのですが。。。」

 

多くの人々が

「ビジネスを組みたい」とご相談に見えます。

 

私は、29歳から今まで3つの組織を起業し、

現在もそれらの会社が存続しています。

 

この協会は昨年に立ち上げて、現在4人の役員がいます。

ですので、「ビジネスパートナー」が複数います。

 

「ビジネスパートナー」についてのご相談をお聴きしていると、

ご自身一人では、起業する自信がない場合がよくあります。

 

「自信がないから、一緒にやりたい」場合は、

ビジネスを組まれることをお勧めはしません。

 

まずは、

「一人で起業する自信」を持っていただくことをお勧めします。

 

一人で起業する自信がないという理由で組まれる場合、

相手ビジネスパートナー候補の方も

同じような心境の場合が多いです。

 

お互いに頼りあう関係では、

起業してビジネスを進めるには、

心もとない気がします。

 

起業するには、かなりのパワーが必要です。

 

「ゼロから1を生む」には

継続的情熱が必要です。

 

自分から発熱し続ける、

自家発電装置のような心が必要だと思います。

 

能力が問題ではなく、

「自分の中から継続的に熱を出す」ことが大切です。

 

それが起業するときに必要不可欠だと思います。

 

「誰かが、やってくれるなら一緒にする」ような考え方ではなく、

「誰もやらなくても、一人でもやる」という精神性の人となら、

一緒にビジネスを組んで成功すると思います。

 

そういう人同士が

ビジネスを組んでいくから、大きなエネルギーが生まれるのだと思います。

 

「ビジネスパートナー」に求めることは

人それぞれ様々あると思いますが、

 

「起業時におけるビジネスパートナー」には、

「純粋性」が大切だと思っています。

 

ビジネスパートナーを

「利用する」のではなく、

「純粋に」

「この人と一緒に仕事したい」と思えているかどうか。

 

「この人と組めば、お得だから」というような感覚では、

継続的に情熱を発し続けることが難しいと思います。

 

「無から有を生む」

その時、

「純粋な情熱」が、

絶対に必要だと思います。

 

 

そんな「運命的なビジネスパートナー」に出会うためには、

やはり、

最初は、

ご自身の起業に対する自信と軸を構築することが先決になると思います。

 

 

 

大阪に新生コーチングスクール誕生!!

『コーチングコンサルタント資格認定講習会』説明会実施中!!

 

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です