【傷ついている方々へ】


【傷ついている方々へ】

ICPS一般社団法人国際コーチング振興協会の高田悦子です。

 

・世間の視線

・一般社会常識

・社会人としての責任

・他人への迷惑を配慮

・空気を読む

 

そんな「あいまいな観念」に

気をつかいすぎて

疲れてしまった方々のお話をお聴きしています。

 

ただ、ただ、自由になりたい!

 

そう訴える方々が多くおられます。

 

「不自由な社会人」をしておられるのだと想います。

 

また、

 

・親や先祖の面倒

・親戚からの重圧

・親やパートナーとの価値観の相違

・家族のしがらみ

 

家庭というコミュニティの常識に縛られて

疲れ果てておられる方々もおられます。

 

「自由」とか想像するだけでも恐ろしくて

 

「未来」を想像することができなくなった人もいます。

 

『なんの制約もなかったら、未来はどうしたいのか?』

そう尋ねても
「理想の未来」を

想像することも出来ないほどに、

心が疲れて、

傷ついておられます。

 

「一般的なコーチング」では

まず、

「理想の未来を明確にする」ことから始めますが。。

 

心が疲れ果てている状態で

「理想とか、未来とか」想像することができない方に

お伝えしたいことがあります。

 

 

疲れ果てて

心が傷ついている方へ。

 

その疲れた心のキズから

芽を出すことができます。

 

不思議なことを言うように

感じられるかもしれませんが、

 

心の傷こそが宝物になるのです。

 

「人の痛みを知る」

自然とそうできるようになります。

 

深く傷ついた経験を持つ方々こそが

 

同じように

深く傷ついた方々を

救うことができます。

 

その傷こそが

ご自身の飛躍のチャンスになるのです。

 

私自身

傷つきすぎて

傷だらけすぎて

一体

元の

私は

どんな人間なのか

わからなくなるほど

痛めつけられた人生を歩んできました。

(宜しければ「自己紹介」のブログをご覧ください)

 

 

3歳ごろから

性的ないたずらを受け

家庭内DV

学校でのイジメ

 

家では、

全ての時間を管理され

進学や

恋愛の自由もなく

 

政略的な

お見合い結婚

そして離婚

15年間の借金地獄

12年間の鬱病

 

再婚、また離婚。

 

唯一の希望だった

子供たち3人を

引き離され

孤独、

交通事故、

飢え、

を経験しました。

 

脅され続けて

判断力も

記憶力も衰え

 

生きることも

死ぬことも

できなくて

 

ただ

魂も脳も

失ったように

何もなくなって

 

身体だけ存在していました。

 

 

そんな私が

這い上がったのは、

 

私を救ってくれたのは、

 

私自身が描いた夢と

そして

この

「心の傷」です。

 

 

今、傷ついておられる方へ

 

あなたの傷は

いつか

「宝物」になるのです。

 

あなたと出会えて

あなたが

その傷から

目を出して

光り輝く人生を生きてくださいまうように

お祈りしています。

 

 

 

images

 

icps ICPS国際コーチング振興協会 公式ホームページ

無料講座を受ける方は
今すぐこちらをクリック

『これから起業』も、『起業を大きくしたい』も、

大阪の起業スタートアップサロン『コークリOSAKA』

 
The following two tabs change content below.

高田悦子

最新記事 by 高田悦子 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です